日本への旅のヒント

渡日

日本を旅行する前に知っておくべき旅行の注意点や神話はあるのでしょうか? 

日本は独特の文化と多様なライフスタイルで有名です。多くの観光客が日本に旅行すると、ユニークな体験ができると絶賛しています。日本を訪れたことがある人の多くは、日本の伝統や習慣に慣れるまでには何年もかかると言います。日本に住む予定がない限り、日本にいる間はいくつかの旅行エチケットに従う必要があります。 

日本で食事をするときのエチケット

日本に到着すると、すぐに食事がいかに神聖で重要なものであるかに気づくでしょう。 

どこにでも座ってはいけない

食事の周りの席の配置は、日本人にとって象徴的なものであることを理解しなければなりません。日本の伝統的な食事会に招待された場合は、どこに座れるかの指示を待つのがベストでしょう。理想的なのは、テーブルの中央にあるエリアが最も立派な席とされています。その人の隣の席は二番目に重要です。多くの場合、名誉あるゲストは、ホストの反対側の席に座ることになります。 

座っているときは、あなたのお尻の下にあなたの足で、正座の位置を想定して座らなければならないことに注意してください。あなたがそのような座位に慣れていない場合は、この位置は、主に、かなり不快になることができます。ホストが快適になるように指示したときに調整することができます。男性の場合は、クロスレッグの位置を想定することができます。女性は片側に自分の足をタックする必要があります。 

食べ物を口の中以上に上げてはいけない

食べ物が口を超えてはいけないということを常に念頭に置いておかなければなりません。それは失礼にあたります。食べ物がお皿から出たら、すぐに口の中に直行しなければなりません。 

お椀に箸を置かない

お椀の上に箸を置きたくなるかもしれません。そんなことはしないようにしましょう。多くの場合、指定された箸置きが用意されているはずです。ない場合は、箸置きの包み紙を使って箸置きを出してみましょう。 

箸で食べ物を突いてはいけない

箸が使いづらい場合は、スプーンを頼めば大丈夫です。決して箸で料理を刺してはいけません。日本の食卓のマナーの悪さを示しています。 

手を使って食べ物を捕らえるな

文化によっては、食べ物が落ちてくるのを防ぐために手をカッピングするのは礼儀正しいと思われるかもしれませんが、日本では無作法とされています。しかし、日本では、それは失礼と考えられています。せいぜい、食べ物が床に落ちるようにしましょう。 

スラーッ!

麺やスープをすすっていると、ホストとシェフがどれだけ自分の料理を評価してくれているかがわかります。 

スラスラと啜ることで、麺が冷めて風味豊かな食事ができることをご存知ですか?そうです。では、さっそく食べてみましょう

スープをお箸で食べるのはNG!

あなたのスープは、あなたの箸を使用して食べなければならないしっかりとした材料が付属しています。すべてをすくい上げたとき、あなたは単にあなたの口にボウルを鳴らし、あなたがお茶を飲む方法のように、スープを飲むことができます。 

食事の後にあなたの皿や皿をアレンジしますか?

日本では、食事をした後に食器を元の場所に戻すのが一般的な礼儀とされています。これには、食器の蓋を元の場所に戻したり、箸を箸置きや包み紙に入れておいた箸を置いたりすることも含まれます。 

日本人と飲むときに知っておきたいこと

日本旅行の注意点

お酒も日本の文化の大きな部分を占めています。日本人の中には、仕事で何時間も過ごした後、リラックスして楽しむためにお酒を飲む人もいます。日本に旅行して日本人とお酒を飲むときに覚えておきたい日本での注意点をご紹介します。

自分のために飲み物を注ぐな

日本人との飲酒には、何らかの儀式が含まれています。注意点としては、常に他の人に注がせるようにしましょう。多くの場合、部下が目上の人のために注ぐことが多いのです。誰かが飲み物を注いでくれると言ってきたら、両手でグラスを持ち、注いでくれる人に注意を払うようにしましょう。

先に飲んではいけない

日本ではお酒は絆の形であることを忘れてはいけません。そのように、一丸となって飲みましょう。決して先に行ってはいけません。みんなで注いで終わりにしましょう。 

瓶から飲んではいけない

ボトルから飲むということは、他人のために飲み物を注ぐ文化を軽視していることになります。お酒を飲むことは共有の行為なので、グループのみんなで共有するはずのボトルから直接飲んだことを誰かが評価しないかもしれません。 

酒を拒むな

日本では、お酒を断るのは失礼です。夜のお酒が足りないと思ったら、グラスを満杯にしておけば、誰も強制的におかわりをさせることはありません。 

乾杯に参加するか

日本でお酒を注ぐことが神聖視されている理由の一つは、みんなで乾杯してほしいからです。みんなで乾杯して「乾杯」と言います。 

飲み会の後にラーメンを食べるか

日本に長く滞在していると、日本人はお酒を飲んだ後にラーメンを食べるのが大好きだということに気づくでしょう。彼らの仲間入りをして、彼らのことをもっと知りましょう。 

日本酒の飲み方を知っていますか?

日本への旅は日本酒を試さずして終わりではありません。日本人と一緒に飲む場合は、日本酒の飲み方を確認しておきましょう。日本酒は一口で飲むものなので、小さなカップに入っていることに注意してください。また、コップを鼻に持っていき、香りを嗅いでから飲むのが一番いいでしょう。 

日本の家庭を訪問する際の注意点

日本を訪れた際に、現地の人と友達になることはよくあることです。彼らの家に招待されたとき、日本での旅行の注意点をご紹介します。 

遅れるな

日本人は時間に対してかなり厳しいです。忙しい生活を送っている人が多いので、それも無理はありません。だから、家を訪問するときは、遅れないようにしてください。それは失礼にあたります。 

他人を招待してはいけない

相手の家に招待されたときには、相手に知らせずに勝手に他の友人を連れてくるのはやめましょう。友人やパートナーを連れてくる予定がある場合は、相手がそれに応じて準備ができるように事前に聞いておきましょう。 

ご滞在中は、贅沢をしすぎないようにしましょう

日本人はとても温かい人たちなので、居心地の良さについつい惹かれてしまうことがあります。しかし、彼らの家にいるときには、自分の境界線を知っておく必要があります。相手の家のソファでくつろいだり、スマホを使ったりするのはやめましょう。彼らと会話をして、あなたがどのように彼らの会社を楽しんできたかを伝えましょう。文化に対する感謝の気持ちを示すために、日本語のフレーズをいくつか知っておくと良いでしょう。飲み物を勧められたら、飲み過ぎないように気をつけましょう。 

贈り物を持ってきてください

日本では、おみやげや果物やお菓子を持参するのが一般的です。おみやげを持参することで、招待した相手に感謝の気持ちを伝えることができます。 

靴を脱いで

家に入る前に靴を脱ぐことは、アジアではかなり一般的な習慣です。しかし、日本では、外履きを家の中に入れないようにすることが義務づけられています。実際には、日本の家庭では、genkan または下げられた床があります。これは靴を脱がなければならない場所です。靴は決して床に触れてはいけないということを覚えておいてください。靴を脱いだ後は、外に向かって履きやすくするために、外履きを脱いだ靴を玄關に置いておきます。 

ほとんどの家庭には室内用のスリッパがあるでしょう。ある場合はスリッパを使いましょう。また、バスルーム用のスリッパも違うものを用意しているでしょうから注意しましょう。それに応じてそれらを使用してください。 

日本にいる間に知っておくべき旅行の注意点や注意点を知っておくと、旅行中に失敗することがないことを知って安心できます。 

日本旅行に関するよくある神話をご紹介します。

自分とは異なる言語を持つ外国を訪問しようと考えているとき、特に言葉の壁やその他の文化の違いに関しては、何か面倒なことに遭遇するのではないかという疑問が常にあります。日本は、いくつかの神話がある国の一つです。ここでは、日本に関する最も一般的な旅行神話をいくつかご紹介します。

日本への旅行には通訳が必要かもしれません。

旅の神話日本

真実。 日本を訪れる際に通訳を雇う絶対的な理由はありません。英語で会話ができる日本人がかなりの割合で存在する主要都市を訪れるだけであればなおさらです。日本に来れば、手話でコミュニケーションが取れることに気づくでしょう。また、日本人に見えなくても、彼らはあなたが彼らの言葉を話すことを期待していないでしょう。実際、彼らはあなたのためにコミュニケーションの方法を調整してくれるでしょう。しかし、そのために日本語のフレーズをいくつか覚えておくといいでしょう。

日本語の知識は必要

真実 日本ではほとんどの看板は現地の言葉で書かれていますが、短期間の滞在であれば、日本語を知っている必要はありません。しかし、日本での滞在を延長して現地の人に会うことを計画しているのであれば、基本的な日本語を学ぶ必要があります。日本への旅行が仕事に関連したものであれば、日本語が少しでも理解できれば、生産的になり、仕事仲間との絆を深めることができます。日本への旅行者として、日本語を学ぶ必要はありません。

日本語を学ぶのはかなり難しいですが、日本をナビゲートするのは言葉が話せなくても簡単です。なぜでしょうか? 

  • 日本は比較的安全な国なので、周りに相談すれば、もっと協力してくれるはずです。
  • 日本の交通システムは世界でも有数の効率性と信頼性を誇っています。どのような交通手段を使っても、目的地にすぐに到着することができます。 
  • 英語表記の使用を増やしています。日本は今、多くの外国人観光客を惹きつけていることに気づいています。

日本には大都市以上のものはない

真実をもしあなたがこれを信じているのなら、あなたは日本の奥深くまで探検していないことになります。日本には大都市だけではありません。平均的な観光客が東京の静かな側面を探ろうとしないで、忙しく混沌とした都市の現状だけを目の当たりにしてしまうのは悲しいことです。多くの人が知らないうちに、東京には他にも混雑していない地域があります。同じことが京都や大阪にも言えます。京都や大阪には、観光地ではない場所がたくさんありますが、その中でも評価に値する場所があります。

渋谷とその賑やかさを体験するのもいいですが、その喧騒を離れて富ヶ谷地区でコーヒーを飲んだり、代々木公園を散策して静かな時間を過ごすのもいいかもしれません。 日本への旅は大都市以上のものです。 

桜の季節は訪日のベストシーズン

真実:確かに桜の季節は、日本への旅行を計画しているときに目撃することができる魔法のような時間です。

桜祭り以外にも、日本を訪れるのに最適な時期は以下の通りです。

  • 夏。国中で祝われる様々な色とりどりのお祭りを目の当たりにし、参加することができます。また、山をハイキングしたり、沿岸部を楽しんだりすることもできます。
  • 秋ですね。 この時期は観光客にも人気があり、気温も過ごしやすく、日本の紅葉を楽しむことができます。
  • 冬の日本。 海の幸にこだわるなら、冬の日本を訪れてみてはいかがでしょうか。日本にはたくさんの温泉がありますが、スキーやスノーボードにも最適です。

日本旅行にはツアーガイドを雇う必要がある

真実を。 日本への旅行ではツアーガイドを雇う必要はありません。しっかりとした旅程を立てて、それに沿った旅をすることで、より良い旅をすることができます。

しかし、3人以上のグループで行く場合は、ツアーガイドを雇うことが正当化されるかもしれません。日本語で交渉してくれる人がいるので、日本を案内するための複雑な手続きをする必要がないので、大人数のグループの場合はツアーガイドを雇う方が費用対効果が高いです。さらに、彼らは訪問するのに最適な場所を知っています。ただし、信頼できるツアーガイドを探すには、どこに行けばいいのかを知っておく必要があります。観光庁が認定しているかどうかを確認してください。あなたは、ライセンスを取得したツアーガイドサービスのリストを見つけることができます。 此処.

一人で、地元の人と交流したい場合は、ツアーガイドを雇う必要はないかもしれません。 

これで、日本に関するよくある旅行の神話が解決したので、今すぐフライトの予約をしましょう。旅の楽しみ方を教えてください。楽しんで、安全にお過ごしください。

(訪問回数312回、本日1回)
1XBet
トップ4オンラインカジノ
1

最大12300円の100%ウェルカムボーナス

レビュー
2

ウェルカムパッケージ最大188,000円+150FS

レビュー
3

Welcome bonus 200% ¥20,000

レビュー
4

First deposit cashback with no withdrawal conditions Up to $ 500!

レビュー
1XBet
© Copyright 2019.Expat Bets.
スペーステーマズ.comによって設計されています。
1XBet