/ / Richest Horse Racing Tournaments in Japan

日本で最もリッチな競馬トーナメント

October 15, 2018 2139 0
日本で最もリッチな競馬トーナメント

日本は競馬ファンの天国です。最初は信じられないかもしれませんが、日本では年間2万件以上の競馬レースが開催されています。レースは、フラットレース、ジャンプレース、ドラフトレースの3つのカテゴリーに分かれています。

日本の豊かな競馬産業は、日本中央競馬会が運営・管理する一流の競馬場から生まれています。これらの競馬場には、日本のみならず世界でも有数の賞金総額を誇る競馬場があります。ヨーロッパのトップレースは、日本の賞金にはかなわない。単なる乙女レースでも7万ポンド以上の賞金が出るのに対し、国内のほとんどのグレーデッドレースでは50万ポンド以上の賞金が出ている。

トップレース

旭日旗の国では、ジャパンカップが高く評価されている。1マイル半以上のG1レースで、通常の賞金は350万ポンド以上と世界でも有数の高額賞金を誇ります。他にも、安田記念、高松宮記念、天皇賞、有馬記念、宝塚記念、2月ステークスなど、多くのファンが集まる競馬大会があります。

ジャンプ競技といえば、中山グランドジャンプが有名です。このレースでは、ランナーは2.5マイル以上の距離を走らなければなりません。賞金はジャパンカップほどではありませんが、賞金総額は約100万ポンドと豊富です。意外なことに、このジャンプレースは日本のフラットレースほど人気がないため、しばしばノベルティや娯楽としてしか考えられておらず、国内のレースエリートにとっては価値のないものとなっている。そのため、ジャンプレースに出走する馬の多くは、トップレベルのフラットレースに出場する資格のない馬である。日本はジャンプレースに特化した馬を育成していない。

ジャパンカップジャパンカップ日本かっぷ、JPN G-1

競馬の大会として広く行われているジャパンカップは、その賞金額が桁違いに高いことで有名です。ジャパンカップの中には、4億7,600万円(約580万ドル)の賞金が出るレースもあります。11月の最終日曜日に東京競馬場(東京都府中市)で開催されます。最大18頭の馬が芝に出走します。オーストラリア、イギリス、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、ニュージーランド、北米など、世界各国からの出走馬が参加する招待制のレース。日本の競馬界で最も成功したイベントの一つであり、日本の競馬界で記念すべき勝利を挙げている。ジャパンカップは、日本の地方競走馬が世界に知られる場を提供することを目的に、日本の地方競走馬の繁殖力をアピールするとともに、世界の競馬ファンの親善を促進することを目的としたもので、日本の競馬界の発展に貢献している。

東京優駿

東京優駿もグレード1の平場競馬。3歳のフィリーと仔馬のみが出走可能で、サラブレッドは一度しか出走できない。ジャパンカップと同じように、1マイル4ハロン2400mのレースで、東京競馬場でも行われる。東京競馬場でも開催されているが、毎年5月下旬から6月上旬に菊花賞の前と皐月賞の後に行われる。海外の競馬ファンは日本ダービーをエプソムダービーやケンタッキーダービーに例えている。

このレースは日本円で4億3200万円の賞金を持ち、日本の馬主を鼓舞して出走させている。

優駿牝馬(優駿牝馬)またはオークス

日本のオークスとも呼ばれ、イギリスのサリー州エプソム・ダウンズ競馬場で開催されるエプソム・オークスに近いレースです。また、2400mのコースを駆け抜けるだけのエネルギーを持った3歳サラブレッドの出走も認められている。日本ダービーとの違いは、日馬優駿が女性専用であること。つまり、毎年5月にはサラブレッドのフィリーズだけがメインの芝コースで競われるということです。

このレースの賞金は9700万円と高額です。悪くないですね。

安田記念 ( 安田記念 )

毎年6月に開催される安田記念は、3歳以上の馬を対象とした日本競馬の大会でもあります。出走馬は、東京競馬場で8ファールの距離を走ります。馬は最短タイムで1マイルを完走しなければなりません。人気を博し、国際G1に昇格しました。安田記念とアジアマイルチャレンジの3つの脚のうちの1つを勝てる馬には、1億1500万円の重賞が待っているというアジアマイルチャレンジの一環となりました。

2月のステークス

もう一つ、日本の競馬界を賑わせているのが、2月ステークスだ。毎年2月下旬に開催されるこのレースは、その名の通り4歳以上の馬を対象としている。当初は国内3級のレースだったが、2007年に1級に格上げされた。他のレースとの違いは、芝での出走ではなく、ダートコースでの出走となること。

驚くべきことに、サラブレッドは一度も勝ったことがありません。それでも、多くの馬主は2月ステークス、特に1億79000万円の賞金をよく知っている。

ここ数年、日本の競馬業界は大きな成長を遂げています。その主な理由は、日本の地元の人が合法的にレースに賭けることができるようになったことです。2015年には、賭け金は225億ドルという驚異的な金額に達しました。多くの競馬アナリストは、トーナメントの人気はギャンブルに起因するとしている。日本人は競馬にお金を賭けるのが好きなのだ。

競馬人気が高まっているもう一つの要因は、賞金です。専門家の間では、日本競馬は世界一の賞金総額を誇り、競馬業界にとっては競争力のある国だと言われています。日本競馬が世界でも有数の豊かさを誇っているのは、レースで賭けをして発生した資金が日本競馬協会によって賞金に再投資されているからです。

高額な賞金は、ますます多くの選手やランナーを魅了しています。儲かるスポーツ賭博産業の他にも、サッカーや野球に匹敵するほどのスポーツに魅了されている人々が集まってきます。競馬は、マフィアやヤクザが組織した単なるギャンブルから、日本競馬協会が推進するプロスポーツへと発展してきました。

日本の競馬振興は、サラブレッドの質を飛躍的に高め、国際的な馬たちと競い合うことができるようになった。その中でも特に注目されているのが、日本がまだ制覇していない凱旋門賞である。同国のディープインパクトは2006年に、さらに最近ではオルフェーヴルが優勝に近づいている。競馬のファン層は、サッカーの試合を見ることに例えることができる。それは騒々しい。自分の馬がギャロップしてレースに勝つのを熱心に見ようとするお祭り騒ぎの人たちでいっぱいです。競馬のファンは年配の方だけではありません。日本にも若い世代のレース観戦者がいる。

騎手も日本の競馬が好きだ。騎手はレースの賞金の5%しかもらえないが、ヨーロッパではその半分しかもらえないのに対し、日本の賞金ははるかに高い。だから勝ちなんですよ。調教師も同様です。JRAから招待された調教師は、協会が費用を全額負担し、質の高いサラブレッドを調教することができます。競馬業界の平等性と競争力を保つために、協会は一度に6人の外国人騎手しか乗れないようにしており、3ヶ月間しか乗れないようにしています。レースの水準がトップクラスであることから、彼らはここを気に入っています。

2018年11月25日に争われる次期ジャパンカップは、6億4,800万円(約58億9,900ドル)の賞金を運ぶことになります。優勝賞金は3億円(約272万7,273ドル)となります。

(Visited 295 times, 1 visits today)
1XBet
トップ4オンラインカジノ
1

Welcome bonus up to 210,000¥ + 150 Free spins

レビュー
2

First deposit cashback with no withdrawal conditions Up to $ 500!

レビュー
3

Welcome bonus 300% up to 800 USD

レビュー
4

WELCOME PACKAGE UP TO 214,283 ¥ + 150 FS

レビュー
1XBet
読み上げる
Table of Contents Weathers and Climates of JapanWhich Is the Best Month to Go to ...
Table of Contents What Is a Ryokan?What Is a Ryokan Hotel?Hotel-Style ...
Table of Contents Where Can I Do Onsen in Japan?Kusatsu Onsen (Gunma)Hakone Onsen ...
Table of Contents The Sumptuous History of Sushi in JapanJapanese Culture When Eating ...
Table of Contents Top 4 Sports Betting Casinos in JapanThe DivisionsJonokuchi ...
Table of Contents Difference Between Summer Olympics and Winter OlympicsOlympic ...
© Copyright 2019. Expat Bets.
Designed by Space-Themes.com.
1XBet